IT業専門の港区六本木にある会計事務所です。IT業で相談するなら当事務所にお任せください!

中島祥貴税理士事務所

六本木のIT業専門税理士

〒106-0032東京都港区六本木4-1-1 第二黒崎ビル6F

0120-535-114

営業時間

9:00~18:00 土日・祝日を除く

\お気軽にお問合せください/

調査官が行う驚異のお金の流れの調査手法!?【税務調査】

2019-08-23
前回は
「飲食店の内偵調査の具体的な方法」
について
お伝えしました。


本日は
お金の流れについての
「内偵調査」
です。


調査官は
どうやって
お金の流れを
調べるのでしょう。


まず、
調査官が見るポイントは、
実際にレジが
動いているか

レジロールは
きちんと動いているのかを

チェックします。


レジが、
ただのお金を入れる箱に
なっていないか?


ここも重要なポイントです。


調査官は
会計前に

伝票番号を控えたり、
印をつけたりもします。


後日、
税務調査に入った際に

この伝票が
存在するのかが
大事な証拠になります。


通し番号がついた伝票が
一般的ですが、

まだまだ
文房具店に置いてあるような
簡素な伝票を

使用している
店舗も
多く存在します。


印をつけた伝票が
捨てられてしまう
可能性もあります。


これを一致させる為に
レシートも
きちんと
持ち帰るのです。


パチンコ店などの
大型の店舗では、

お札に印をつけたり
紙幣番号をあらかじめ
控えておくことなど
もします。


税務調査では、
パチンコ店のお金の流れを
正確に把握することは
かなり難しいのです。


一日の売り上げを
キチンと
毎日閉店後に
銀行に入金してくれれば
良いのですが、

大きな現金は
まとめて
社長が
自宅に持って帰るなどという
ケースも
少なくなりません。


実際にそういった
脱税のケースも
マスメディアで
度々報道されています。


ですから
調査官は
必ず1万円札を
使うようにしているのです。


内偵調査も終われば、
その10日から2週間以内に
税務調査が入ります。


その時は
無予告調査と言って

事前連絡なしに
直接
お店に来ます。


ここで掴んだ情報が、
動かぬ証拠となるのです。



ご相談、ご不安なことが
ありましたら、
お気軽に
中島税理士・行政書士事務所まで
お問い合わせください。

セカンドオピニオンとしても
税務調査対策としても
ご提案を致しております。
六本木のIT業専門税理士お問合せバナー

お電話でのお問合せはこちら

営業時間:平日9:00~18:00(土日祝を除く)

お気軽にお問合せください。

メディア実績

TBS
みのもんたの朝ズバッ!

TBS
Nスタ

TBS
みのもんたの朝ズバッ!

NHK
日本のこれから~税金~

日本テレビ
ズームインスーパー

書籍