IT業専門の港区六本木にある会計事務所です。IT業で相談するなら当事務所にお任せください!

中島祥貴税理士事務所

六本木のIT業専門税理士

〒106-0032東京都港区六本木4-1-1 第二黒崎ビル6F

0120-535-114

営業時間

9:00~18:00 土日・祝日を除く

\お気軽にお問合せください/

平成28年度改正による重加算税が課される大きなリスク!?【税務調査】

2020-06-11
平成28年度改正において、
重加算税の加重措置が
設けられました。


これは、
不正常習者への
ペナルティーを重くすることで、

不正行為を
抑制するための制度です。


過去5年間で
重加算税を課されたことがある場合、

次回の重加算税については
ペナルティーの割合を
10%上乗せするという
制度になっています。


重加算税を課されるような
不正行為については

厳格に処分されるべきですので、

このような改正も
妥当と思われます。


しかし、
課税の根拠が
薄弱であるにもかかわらず、

交渉で
重加算税を課される
ケースがあります。


安易な対応をしてしまうと、

今後5年間に
大きなリスクが
残ることになるわけで、

あからさまな不正行為は
別にして、

重加算税を
課税される根拠が
不明確であれば、

どこまでも
交渉しなければならない
ということになります。


その他、
重加算税を課されたことがある
会社に対しては、

税務調査のスパンが
短くなると
言われています。


本改正が
実現したことにより、

調査官にとって
10%上乗せで
税金を取れるという
うまみがありますので、

更にそのスパンが
短くなることが
想定されます。


こういう意味においても、

重加算税の要件である
隠ぺい仮装が本当にあるのか、

突き詰めて
考える必要がありますし、

納得できなければ
更正処分をお願いするなどの
対応が必要になるでしょう。


ご相談、ご不安なことが
ありましたら、
お気軽に
中島税理士・行政書士事務所まで
お問い合わせください。

セカンドオピニオンとしても
税務調査対策としても
ご提案を致しております。
六本木のIT業専門税理士お問合せバナー

お電話でのお問合せはこちら

営業時間:平日9:00~18:00(土日祝を除く)

お気軽にお問合せください。

メディア実績

TBS
みのもんたの朝ズバッ!

TBS
Nスタ

TBS
みのもんたの朝ズバッ!

NHK
日本のこれから~税金~

日本テレビ
ズームインスーパー

書籍