IT業専門の港区六本木にある税理士・会計事務所です。IT業で相談するなら当事務所にお任せください!

中島祥貴税理士事務所

六本木のIT業専門税理士

〒106-0032東京都港区六本木4-1-1 第二黒崎ビル6F

0120-535-114

営業時間

9:00~18:00 土日・祝日を除く

\お気軽にお問合せください/

消費税の計算方法の選択 【税金に関するQ&A】

2020-10-31


消費税の計算方法の選択

A 消費税は、2期前の売上高が5,000万円以下であれば、「本則課税」と「簡易課税」の計算方法から選択できる。
IT業は、自らのビジネスモデルが自社設計型か外注型かによって、どちらの計算方法を選択した方が良いかが異なってくる。
自社設計型の場合、経費の多くが人件費のため、「簡易課税」を選択した方が消費税額は少なくなることが多い。また、外注型の場合、人件費割合が少なくなることが多いため、「本則課税」を選択した方が消費税額が少なくなることが多い。
予測なので、絶対にどちらが有利とは言えないが、クライアントの会社の状況を考えて有利だと思うほうを選択することが必要である。

お電話でのお問合せはこちら

営業時間:平日9:00~18:00(土日祝を除く)

お気軽にお問合せください。

メディア実績

TBS
みのもんたの朝ズバッ!

TBS
Nスタ

TBS
みのもんたの朝ズバッ!

NHK
日本のこれから~税金~

日本テレビ
ズームインスーパー

書籍